お役立ちコラム パソコン修理

パソコン修理でデータは見られる?修理前にやるべき対策とは

更新日:

「パソコン修理の際にデータは見られる?」
「パソコンを修理するとデータは消える?」
「パソコン修理でデータを見られたくない場合の対処法とは?」
現代においては、生活にも仕事にも必須であろうパソコン。
正常に動かない場合には、支障をきたすことも多いでしょう。
そこで本記事では、気になるパソコン修理時のデータについて、詳しく解説していきます。
パソコンの修理を必要としている方は、ぜひ最後までご覧ください。

パソコン修理の依頼先

まずは、パソコン修理の依頼先から解説していきます。
主な依頼先としては、以下の3つが挙げられます。

  • メーカー
  • パソコン修理業者
  • 家電量販店

それぞれ見ていきましょう。

メーカー

メーカーへのパソコン修理依頼は、直接メーカーに修理を依頼する方法です。
ただし、即日対応はほとんどなく、修理完了まで数日~数週間かかることが一般的です。
また、修理料金も高めに設定されているケースが多いため、注意が必要です。
メーカーは自社製品に特化した修理サービスを提供しており、品質と信頼性は高いですが、手続きに時間がかかったり、割高な費用がかかったりすることがあります。
修理の緊急性や予算に応じて選ぶ必要があります。

パソコン修理業者

パソコン修理の依頼先として、パソコン修理業者は即日対応の観点から最良の選択肢です。
具体的には、PCホスピタルやパソコンドック24などがあります。
これらの業者は、専門の技術者が在籍しており、修理に関する豊富な知識と経験を持っています。
パソコン修理業者は、ユーザーのパソコンを受け取り修理を行うため、修理のスピードが比較的早い点がメリットです。
ただし、修理の期間や費用については、各業者によって異なるため、事前に確認することをおすすめします。
また、パソコン修理業者は故障原因の診断や修理作業に特化しているため、より専門的なサービスが期待できるでしょう。
パソコンの修理を必要とする際は、即日対応が可能なパソコン修理業者を利用してみてください。

家電量販店

家電量販店も、パソコン修理の依頼先のひとつとして利用されています。
これらの店舗は、修理サービスを提供しており、パソコンの故障やトラブルに対応してくれます。
家電量販店の利点は、身近にあり利用しやすいことです。
また、修理の相談や見積もりが簡単にできるため、修理内容や費用を明確に把握できる点も魅力でしょう。
さらに、修理の専門知識や技術を持つスタッフが在籍しているため、信頼できる修理が期待できます。
ただし、修理の混雑状況や修理作業の進捗状況によっては、修理期間が長くなることもあります。
修理の内容や費用、修理期間などについては、事前にしっかりと確認し、自身に合った選択をすることが重要です。

パソコンの修理方法

次に、パソコンの修理方法を解説します。
といっても、自分で直すのは至難の業。
ここでは、以下の3つの方法を紹介していきます。

  • 宅配修理
  • 出張修理
  • 持込修理

それぞれ見ていきましょう。

宅配修理

宅配修理は、パソコンの故障や不具合が発生した際に、ユーザーが修理業者にパソコンを宅配便で送る方法です。
利便性の高い方法であり、自宅から手軽に修理を依頼できます。
ユーザーは、修理業者に問い合わせや修理の申し込みをし、指示に従ってパソコンを梱包して送ります。
修理後は、修理業者から連絡があってパソコンが返送されるので、自宅で受け取って完了です。
ただし、修理までの期間や費用は業者により異なるため、事前に確認しておきましょう。

出張修理

出張修理とは、パソコンの故障や不具合が発生した場合に、修理業者がユーザーの自宅やオフィスなどに直接訪問し修理する方法です。
利点としては、ユーザーが外出せずに修理を依頼できるため、手間や時間を節約できます。
修理業者は専門知識を持つ技術者が伺い、現地でパソコンの診断や修理を行います。
ただし、修理にかかる時間や費用は業者によって異なるため、事前に確認が必要です。
また、修理内容によっては部品の持ち込みや修理不可の場合もあります。
信頼性のある修理業者を選ぶことが重要です。

持込修理

持込修理とは、パソコンの故障や不具合が発生した場合に、ユーザーが修理業者の店舗に直接持ち込んで修理を依頼する方法です。
ユーザーは店舗にパソコンを持ち込み、受付で修理の申し込みをすることが一般的です。
修理業者はパソコンを受け取り、専門の技術者が診断や修理を行います。
修理の期間や費用は業者によって異なるため、事前に確認しておくことが重要です。
一部の大手家電量販店では、店舗内に修理スペースを設け、即日修理も可能な場合もあります。
修理完了後は、ユーザーが店舗に受け取りに行くことでパソコンを受け取ります。

パソコンを修理するとデータは消える?

パソコンの修理によってデータが消えるかどうかは、修理の種類や状況によります。
一般的な修理では、パソコンが初期化されてデータが失われることがありますが、必ずしもそうとは限りません。
修理業者は通常、データを保護するために最善の努力をしますが、予期せぬエラーや問題が起きることもあります。
重要なデータは常にバックアップしておくことが重要です。
クラウドストレージや外部ハードドライブにバックアップを取ることで、データの損失を防ぐことができます。

修理内容によってはデータが消えるリスクもある

パソコンの修理では、修理内容によってデータが消えるリスクが存在します。
たとえば、ハードディスクの故障やマザーボードの交換など、データに直接関わる修理ではデータの喪失が起こる可能性があります。
しかし、修理業者は常にデータの保護を最優先しており、バックアップやデータの救済措置を行うところも。
それでも、予期せぬエラーや問題が発生することもあるので、重要なデータは事前にバックアップを取っておくことが重要です。

パソコン修理の際にデータは見られる?

パソコン修理の際にデータは見られるのか不安に思う方も多いでしょう。
結論としては、見られる可能性は十分にあります。
ただし、すべてが見られるわけではなく、修理箇所ではないフォルダや履歴までは通常見られません。
ここからは、以下2パターンに分けて、さらに詳しく解説していきます。

  • メーカーや家電量販店の場合
  • パソコン修理業者の場合

それぞれ見ていきましょう。

メーカーや家電量販店の場合

パソコン修理を依頼する際、メーカーや家電量販店は通常、修理作業中にデータを閲覧する可能性がありますが、一般的には個人情報やプライバシーを尊重し、データを見ることはありません。
しかし、敏感な情報を含むデータの保護を心配する場合は、修理業者を慎重に選ぶことや、事前にデータのバックアップを取っておくことが重要です。
また、信頼性の高い業者や個人情報の取り扱いについて明確なポリシーを発表している業者を選ぶこともおすすめします。

パソコン修理業者の場合

パソコン修理業者への修理依頼時にも、データは通常閲覧されますが、プライバシー保護のため、修理範囲外のデータを見ることはありません。
ただし、データの保護を心配する場合は、信頼性の高い業者を選び、事前にデータのバックアップを取ることが重要です。
また、修理業者によってはデータ閲覧を明示的に禁じるポリシーを持っている場合もあるため、事前に確認することがおすすめです。

パソコン修理でデータを見られるリスク

パソコン修理時のデータ閲覧には、個人情報が流出する可能性があるというリスクが存在します。
修理業者によってはデータを見ることがあるため、慎重な選択が必要です。
個人情報やプライバシーを保護するため、信頼性の高い業者を選び、事前にデータのバックアップを取ることが重要です。
また、業者のプライバシーポリシーやセキュリティ対策を確認することで、情報の流出リスクを軽減できます。

パソコン修理でデータを見られたくない場合の対処法

最後に、パソコン修理でデータを見られたくない場合の対処法を解説して終わります。
ここでは、以下の4つの方法を見ていきましょう。

  • 出張修理を利用する
  • バックアップを取り、データを消去する
  • 履歴やごみ箱も確認する
  • 不要なデータを削除する

それぞれ確認してください。

対処法①出張修理を利用する

パソコン修理でデータを見られたくない場合の対処法のひとつは、出張修理を利用することです。
出張修理業者は、パソコンを自宅やオフィスで修理するためデータの持ち出しが発生せず、データを見られるリスクが低くなります。
しかし、信頼性の高い業者を選ぶことも重要であり、業者の評判や口コミを確認することがおすすめです。
また、修理前にデータのバックアップを取ることも忘れずに行いましょう。
出張修理はプライバシー保護に役立つオプションのひとつです。

対処法②バックアップを取り、データを消去する

パソコン修理でデータを見られたくない場合、バックアップを取り、データを消去することが重要です。
手順としては、まず重要なファイルや情報を別のストレージにバックアップしておきます。
次に、個人情報などのデータを安全に削除するために、専用のデータ消去ソフトウェアを使用しましょう。
しっかりとデータ消去が完了したら、パソコンを修理に出してください。
ただし、バックアップやデータ消去には慎重さが求められるため、信頼できるソフトウェアを選ぶことが重要です。

対処法③履歴やごみ箱も確認する

パソコン修理でデータを見られたくない場合の対処法のひとつは、履歴やごみ箱も確認することです。
修理前にブラウザの履歴やキャッシュを削除し、機密情報を残さないようにします。
また、ごみ箱もチェックして削除したファイルが復元可能な状態になっていないか確認し、必要なら完全に削除しましょう。
これにより、修理業者がデータを見るリスクを最小限に抑えることができます。
ただし、さらなるプライバシー保護を望む場合は、ディスクの暗号化やセキュリティソフトの利用も検討してください。

対処法④不要なデータを削除する

パソコン修理でデータを見られたくない場合「不要なデータを削除する」ことが重要です。
不必要なファイルやプログラムを削除することで、データの容量を減らし、修理業者がアクセスするリスクを軽減できます。
また、ブラウザの履歴やキャッシュも削除しておくと、個人情報が漏洩する心配も軽減されます。
ただし、削除する際は誤操作を避けるために注意が必要です。
重要なデータはバックアップしておくことも忘れずに行いましょう。

パソコン修理の際は周囲箇所のデータを見られる可能性がある

今回は、パソコンの修理時にデータは見られるのかについて解説してきました。
パソコン修理では、修理業者が周辺のデータを見る可能性があります。
これは、修理作業中にデータへのアクセスが必要な場合や、不具合の原因を特定するために確認するためです。
それを踏まえたうえで、信頼性の高い業者を選び、個人情報や機密データを保護する対策を取ることが重要です。

きむらパソコンでは、お見積もりをお客さまからお預かりしたパソコンを鑑定した後のお見積もりから、金額が上がることはございません。
また、コンピューターの技術に精通したスタッフが修理に当たります。

パソコンの修理で、料金や技術的なトラブルに不安をお持ちの方は、是非きむらパソコンにてご相談ください

監修者

株式会社きむらパソコン
技術部 主任エンジニア

福島 圭介

<資格>CCNA、LinuC、ITIL、.com master advance ダブルスー などの各種資格を保有。
<略歴>主にネットワークやサーバの構築とパソコンの修理を行うスペシャリスト。
データの規模や機材のメーカーを問わず、データ復旧・パソコン修理業務に幅広く対応しており、重要なデータを取り扱う法人関係の案件を中心に多数の実績あり。

株式会社きむらパソコン
カスタマーアドバイザー・エンジニア

砂川 和也

<略歴>主な業務は、パソコン修理およびデータ復旧。
メーカーや障害内容を問わず、高品質の修理を心がけている。
年間200台以上の修理業務を対応し、メーカーでも対応できない高難度の障害を幾つも修理・復旧してきた。
休日は家族のミニチュアダックスフンドと過ごすことが生きがい。

-お役立ちコラム, パソコン修理

Copyright© 株式会社きむらパソコン , 2024 All Rights Reserved.