ニュース

【ニュース】12月15日(月) 「タダが当たり前」の時代は終わる? カフェスタが「お金払って」と呼び掛けた理由

投稿日:

 「広告収入で成り立たせる無料モデルは、もう限界だ」――カフェスタの上澤馨(うえさわかおる)社長は言う。「広告モデルはバブルが作ったモデルだった」と。

 カフェスタは、アバターを使ってコミュニケーションできるSNSで、登録会員数は約178万、月間ユニークユーザーは50~60万、月間ページビューは約8000万。基本サービスは無料で利用できる。
画像 カフェスタトップページ。大きな広告バナーが入っている

 主な収入源は広告で、以前は月間数千万円の広告収入があったが、ここ最近の不景気で出稿が激減したという。アバターも販売しているが、無料のポイントで手に入るものも多く「月間数百万程度の収入にしかならない」状態。かなりの赤字が出ているという。

 赤字を解消し、運営を継続するには――同社が採ったのは、なりふり構わずユーザーに訴えかけるという手段だ。Webサイトの「お知らせ」やメールマガジンで「現在の収益のままではサイトの運営を停止せざるを得ない状況」と告白し、会員に対して「今後も継続運営するために、パスポート会員(有料会員)になっていただくか、アバターなどのお買い物をしてもらえないか」と呼び掛けた(「サイト存続のため、アバター買って」 カフェスタが異例の呼び掛け)。

「タダが当たり前」の時代は終わる? カフェスタが「お金払って」と呼び掛けた理由 - ITmedia News

-ニュース

Copyright© 株式会社きむらパソコン , 2018 All Rights Reserved.