BUFFALO RAID故障・障害 TeraStation データ復旧 ヘッド交換 東京都 港区 物理障害 認識しない

東京都港区にて認識しないNASからのデータ復旧 BUFFALO LinkStation LS420D0402 TeraStation

更新日:

BUFFALO LinkStation TeraStation データ復旧

東京都港区の法人様より、
「BUFFALO LinkStation LS420D0402が突然認識しなくなった。
業務で使用しているので緊急でデータ復旧してほしい」
というデータ復旧のご依頼をいただきました。

今回のBUFFALO LinkStation LS420D0402は速度と容量を優先してRAID0構成だったので、
片方のHDDが故障してしまったと同時にアクセスできなくなってしまいした。

物理障害を起こしている片方のハードディスクはトラブルの多いSeagate ST2000DM001。
Seagate ST2000DM001はファームウェア故障やヘッド故障が多発するため、頭を抱えてしまいます。
Seagate HDDを修復後、RAID0の再構築を開始、翌日には復旧したデータをご納品できました。

特に最近のBUFFALO LinkStationやTeraStationには、
Seagate ST1000DM001、ST1000DM003、ST2000DM003などが使用されているのでご注意ください!

BUFFALO LinkStationやTeraStationを無自覚のままRAID0で運用されている法人をお見受けしますが、
大切なデータの場合、RAID1(またはRAID5)での運用を強くおすすめします!

BUFFALO TeraStation/LinkStationのデータ復旧は、
【東京都港区のデータ復旧なら株式会社きむらパソコン】におまかせください!

-BUFFALO, RAID故障・障害, TeraStation, データ復旧, ヘッド交換, 東京都, 港区, 物理障害, 認識しない

Copyright© 株式会社きむらパソコン , 2019 All Rights Reserved.