パソコン修理

東芝 DynaBook PAP7X28PME 画面が暗い 液晶、インバータ交換 神奈川県川崎市多摩区【パソコン修理】

投稿日:

東芝 DynaBook P7/X28PME PAP7X28PME 液晶パネル交換
神奈川県川崎市多摩区のお客様より
「東芝 DynaBook P7/X28PME PAP7X28PMEの画面が暗くなった。
メーカーに問い合わせたが、部品在庫がなく修理できなかった。
Windows XPだが引き続き使用したいので、修理してほしい」
というパソコン修理のご依頼をいただきました。

東芝 DynaBook P7/X28PME PAP7X28PMEは、
2003年に発売されたWindows XP 初期のパソコンです。

このモデルは性能の高さも目を引きますが、
キーボードが半透明樹脂を採用したスケルトン仕様になっていることも特色です。

デジタル製品にスケルトン仕様は好んで採用されるようで、
Apple iMac G3をはじめ、ゲームボーイ、PlayStation 2などのゲーム機にも
スケルトンモデルが存在しました。

個人的なスケルトン仕様の思い出は、
コナミの「沙羅曼蛇」というファミコンソフトですね。
ケースがクリアブルーのスケルトン仕様になっていて、
中の基板が透けて見えたのに子どもながら感動しました。

話が脱線しましたが、今回の症状を診断したところ、
画面が暗い原因は液晶パネルにありました。

液晶パネルを交換すれば修理可能ですが、
さすがに10年以上経過していますので念のためインバータも交換、
分解クリーニングをしてパソコン修理完了です。

東芝 DynaBook P7/X28PME PAP7X28PME インバータ交換
ちなみに分解クリーニングをした際に、CPUクーラーから大量のホコリが…
これで冷却機能も大幅に上がると思います!

東芝 DynaBook P7/X28PME PAP7X28PME 分解クリーニング
東芝 DynaBook P7/X28PME PAP7X28PME 液晶交換などのパソコン修理は、
【横浜、川崎のパソコン修理&データ復旧なら株式会社きむらパソコン】
におまかせください!

-パソコン修理

Copyright© 株式会社きむらパソコン , 2018 All Rights Reserved.